インターネットが普及したことにより、人は以前よりも簡単にコミュニケーションを取ることができるようになりました。 手紙を書いたり直接会って話す機会は極端に少なくなり、メールやSNSなどで簡単に世界中の人とやり取りができます。 このまま時代が進んでいくと人の繋がりはどうなっていくのでしょうか。 人のコミュニケーションについて見てみましょう。

【目次】

現代のつながりはSNSやオンラインゲーム

現代では人と人との繋がりが希薄であると言われ、一人暮らしの高齢者の孤立や孤独死、非婚化やそれにともなう少子化とも無関係ではないとされています。
しかし、たしかに町で出会った相手と気軽に話し込むという文化は廃れてきてはいますが、人同士の関係が全くなくなっているわけではありません。
目に見える現実の空間ではなく、そのコミュニケーションの場がインターネット上に移っただけなのです。

ご近所さんなどとの付き合いはありがたい反面、人間関係のわずらわしさも伴い、逃げ場がないという問題点もありました。
SNSでトークをする様子SNSなどで見知らぬ他人と話すほうがこのストレス社会には向いていると言えるため、今後もSNS上で人間関係をつくっていく傾向は増えるでしょう。
インスタグラムなどでは自分の好きなもの、得意なことだけを載せて同じ好みを持った相手とつながることができるため、効率良く友達や仲間、異性と知り合うことが可能です。
一部を除けば匿名で交流が出来るため、社会的な立場などに縛られない自由な発言で自分を解放できるのも魅力の一つとなっています。

またオンライン上の交流はSNSだけではなく、オンラインゲーム内でも行われています。
ゲームの場合は一緒にプレイすることでコミュニケーションがとれるほか、ゲーム内で友人になったり結婚したりすることも可能で、一種の小さな社会を形成しているのです。
もちろん匿名で参加できますし、ゲーム内で強いプレイヤーは一種のあこがれを持って見られるため普段とは違う役割を演じる楽しみもあります。
ゲーム内で知り合って結婚し、現実でも結婚して一緒にゲームを続けているカップルもそう珍しい存在ではなくなっており、今後も増えていくでしょう。

ただし、もちろんこれらのオンライン上の友人作りにも注意点や問題点は存在します。
インスタグラムをはじめとするSNSはその匿名性ゆえにプロフィールを偽る相手もおり、「会ったら親より年上だった」などのトラブルも多く見受けられるのです。
さらに自分の個人情報を無防備にさらしてしまうと、不特定多数が閲覧できるものですから中には悪意を持って利用したりストーカー行為に及んだりといった人間もでてきてリスクを伴います。
人とつながり、知り合う場所としては効率が良いだけにその問題点をよく把握してうまく付き合っていくスキルが現代人には求められていると言えるでしょう。
つながりを求めている人は、オンライン上で活動してみることをおすすめします。

関連記事